シュティフター作品集第2巻 習作集2

さてシュティフター作品集。昨年末に読んだ第1巻に引き続き第2巻を読了。こちらも4作の短編が収められている。

巻頭の「アプディアス」。この作品は実は発表当時すごく評判になったらしいのだが、この作家としては異色の作品。ユダヤ人を主人公にし、その舞台もはっきりとは書かれていないが中東もしくはアフリカのようだ。悲劇的な内容もこの作家らしくない。正直この作家の良さがほとんど感じられない。

次の「ブリギッタ」岩波文庫にも収められている作品で、少佐とブリギッタとの中年男女間の友情の行方を描いた作品。長編「晩夏」と同じテーマを扱った重要作品という触れ込みなのだが、「晩夏」に比べるとかなり薄味で物足りない。

「古い印章」は厳格な軍人の父に育てられた若者フーゴーがツェレステという女性と恋に落ちるが、ある日を境に会えなくなる。おりしも始まった普仏戦争で10年間も再会できずにいたが、戦争が終結した後ついに再会することになり、そこでフーゴーはツェレステが実は人妻だったという驚愕の秘密を知ることになる。これはこの第2巻では一番印象の強い作品。フーゴーの怒りもわかるのだが、素性の知れない女といい仲になっちゃうキミの脇の甘さにも責任の一端があるのだよと言いたい。作者のスタンスとしてはフーゴーが父の古い価値観のために一生の幸福を棒に振ったと言うのだろうけど、夫を簡単に裏切ってしまう女と一緒になっても幸せにはなれんだろうと思うのだが。というわけでこういう恋愛の微妙な機微というやつは、現代も変わらぬ問題でもあるわけだ。

「老独身者」は青年ヴィクトルが就職するために故郷の村を離れ、赴任地へ赴く前に伯父の領地を訪れることになる。そこで偏屈な伯父としばらく同居することになるのだが、というような物語。まあとにかく小説の構造としてかなりバランスの悪い作品で、ヴィクトルが旅立つまでがやたらに詳しく書き込まれている。物語の本題としては後半だけでもよかったような気もするのだが、このアンバランスに長い自然描写や主人公の旅の様子や、そんな無駄な部分こそがこの作家の真骨頂ともいえるわけで、そういう意味ではとても楽しく読めた。

というわけで、第1巻から第2巻まで「習作集」からの8作を読んだのだが、この中では第1巻に収録されていた「曽祖父の遺稿」が飛びぬけて良かった。それ以外の作品は合格点なのが5作と、残念なのが2作というところ。

続く第3巻は「石さまざま」から4作と、それ以降の後期の作品から数作という内容。ちょっと間をおいて読もうかなと思っている。

ヴェルナー・ヴォルフ ブルックナー 聖なる野人

9曲の交響曲と宗教音楽などを遺したオーストリアの作曲家アントン・ブルックナーについての評伝と作品論を収めた一冊。私はこの作曲家の作品がかなり好きで交響曲の音源を相当数持っていて、ある程度はこの作曲家の生涯や作品の成立の経緯なども知ってはいるのだが、この本が古本で安く手に入ったので読んでみた。

著者ヴェルナー・ヴォルフは指揮者としても活躍した人物で、幼少のころにブルックナーに直接会ったこともあるそうだ。ブルックナーの作品を愛していてアメリカで彼の作品を多数演奏して普及に尽くした人物らしい。そんな著者がまだブルックナーの作品がさほど脚光を浴びていなかった1940年代に彼の音楽を世に広めようと書かれた本なので、現代の定説とは違う部分も多い。例えば伝記部分のブルックナーの死の経緯。現代では死の当日も午前中は普通に交響曲第9番の作曲の仕事をしていたが夕方急に体調を崩しそのまま亡くなったとされているが、この本では数日前から体調不良で臥せっていたことになっている。この一点から考えても、ほかにも現代の定説とは違う記載があるのかもしれないが、実際見て書いたわけでもないし、そもそも過去の偉人の伝記なんて細かいところの正確性はあやふやで当たり前なのかもしれない。

作品論についてもこの本が書かれた当時はハース版の「原典版」が登場したころで、それまでのレーヴェなどの改訂版との違いには触れているが、近年出てきた第1番から第4番、および第8番の改稿問題には全く触れていない。これは時代的に著者がそれらの異稿の存在すら知りえなかったのだから仕方がないことなのだが、今読むとやはり物足りない。まあでもそういうことを差し引いても、今読んでもこの作家の人となりと作品のありようを知るには十分な一冊だと思う。楽曲解説もかなり充実しているが、当然旧来の版を下敷きにしたもの。例えば異稿版ばかりを演奏したシモーネ・ヤング指揮の全集しか聴いたことのない人がもしいたら、その人には全然通用しないだろう。

ブルックナー異稿問題についてはそれだけで本が何冊か書けそう。第1番は初期稿の「リンツ稿」と後年大幅に改訂した「ウィーン稿」があり、第2番は改訂版では楽章の並びが違うし、第3番は初期稿にはワーグナーの引用が多数あったり、第4番の初期稿は音数が多くてまるでマーラーの曲に聞こえることがあったり、それだけでも相当面白いので、そう言う本があればそれも読みたいなあ、と思った。

シュティフター作品集第1巻 習作集1

シュティフターは19世紀のオーストリアの作家。私はこの作家の作品が好きで、先日手に入れた松籟社の「シュティフター作品集」全4巻のうちの第1巻をなんとか年内に読了。 4作の中短編が収められているが、うち2作は以前に読んだものの訳違い。

「コンドル」はこの作家の事実上の処女作なのだそうだが、男性と変わらない能力を示そうとして挫折するヒロインと、それを見守る男性を描いた作品。もちろん当時は当たり前だったのだろうけど、今読むと女性(とその自立)に対する感覚が古すぎてうーんという感じ。この作家らしい緻密な自然描写にも乏しい。

「荒野の村」岩波文庫「ブリギッタ・森の泉」にも納められていた作品で、荒れ地に住む青年フェリックスを描く短編。こちらでは俄然自然描写が濃密になるが、今度は逆にストーリー性は乏しい。ある意味この作家のエッセンシャルな短編。

「喬木林」は以前読んだ「書き込みのある樅の木」に収録されていた「高い森」の旧訳。中世ヨーロッパ全体を巻き込んだ宗教戦争と言われる30年戦争の時代を舞台に美しい姉妹と騎士たちが活躍するロマンティックで悲劇的な作品。作者本人はこの作品があまりにもフィクションなので気に入らなかったそうだが、中世ロマンと「善」の力みたいなものを信じたこの作家らしい佳作だと思う。でも新訳のほうが読みやすいかな。ブルックナーの第4交響曲を聴きながらどうぞ。

最後に収められてこの本全体の半分以上の分量がある「曽祖父の遺稿」は田舎医師と隠居大佐一家の長年にわたる交流を描いた作品で、濃密な自然描写に加えてストーリーの起伏も(この作家にしては)あり、のちの長編「晩夏」と似た雰囲気がある、とてもこの作家らしい作品。「晩夏」が長すぎて無理な方はこちらを。作者はこの作品がとても気に入っていたのか(あるいは気に入らなかったのか)、生涯にわたって改稿を繰り返し、未完のものも含め4つの稿があるらしい。ここで読めるのは第2稿らしい。

シュティフターの小説は様々な点で同じオーストリアの作曲家ブルックナーの音楽と近しいイメージがある。同じ作品の改稿を繰り返したという点でも似ている。

というわけで、当ブログの今年の更新はこれで終わりです。今年はロシアのウクライナ侵略戦争とそれに伴う物価高に加えコロナ禍もなかなか収まらず本当にロクな年ではありませんでしたが、来年は良い年になりますように。

ジョージ・R・R・マーティン 「七王国の騎士」

HBOのTVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(原作は「氷と炎の歌」シリーズ)の100年ほど前、ウェスタロスの七王国を舞台に草臥の騎士ダンクとその従者で実は王家の生まれの少年エッグが旅先でさまざまな事件に遭遇するという中編3作を収めた作品集。第1作「草臥しの騎士」ではダンクとエッグの出会いと、それによって巻き起こる国全体を巻きむ一大トラブルの顛末が描かれ、第2作「誓約の剣」では地方貴族同志のトラブルに巻き込まれたダンクは、相手方の若い女主人に淡い恋心を抱いたりする。第3作「謎の騎士」では槍試合に出場しようとある城にやってきたダンクが国家転覆をはかる陰謀に巻き込まれる。

いやこれ小説としては、視点がころころ変わって正直非常に読みにくいオリジナルの「炎と氷の歌」シリーズよりずっと読みやすく面白い。(実は第1巻「七王国の玉座」を持っているのだがあまりの読みにくさに途中で放り出してる笑)あっちよりも全体のトーンが明るくて読みやすいし、エッグが実はターガリエン家の王子なので最悪のピンチの時にはターガリエン家の指輪を持ち出すというのも、われわれ日本人には「水戸黄門」でおなじみのパターンで親しみがわく。

ラニスターやバラシオン、タイレルといった名家の名前も登場、「ゲースロ」や「ハウス・オブ・ドラゴン」を観た人なら作品世界が広がって楽しいし、それらの作品を全く観ていない人でも単純に中世騎士物語として楽しめると思う。

ドラゴンとかホワイトウォーカーが全く出てこないから地味ではあるけど、「ハウス・オブ・ドラゴン」よりこっちの方がドラマ化したら良さそうな気がする。特に第1作と第3作はかなり多数の人物が登場し、その多くが騎士なので、ビジュアル的に見分けがついたほうが物語が理解しやすそうな気がする。

しかし作者はこのシリーズを全部で10作くらい書く予定なんだそうだが、ここに収められた第3作を書いたのが2010年。それからは新作が書かれていない。この作者って1948年生れなのでもう70歳代なかば。第5作で止まったままの「氷と炎の歌」もそうだが完成できるのだろうか?

ドント・ルック・アップ

レオナルド・ディカプリオジェニファー・ローレンス主演、Netflixで公開中の映画。

自らが発見した彗星が地球に激突する事に気づいた女子大生ケイトと担当教授のミンディはそれを警告するために大統領府を訪れるが、中間選挙が近づく大統領はまともに取り合わない。それならとワイドショーに出演するがここでも笑いものにされてしまう。

その後大統領はスキャンダルから有権者たちの目を逸らすめ彗星の脅威を認め、それを排除する作戦を敢行することになるのだが...
...とストーリーを書くと「アルマゲドン」「ディープ・インパクト」のようなSF映画のように思えるが、これは全くSF映画ではなくて、トランプ率いる共和党政権に対する風刺映画なのだ。トランプが地球温暖化を認めず、他の自分に都合の悪い報道はフェイクニュースと呼んだ事、そしてそれに盲目的に従った米国民が多かったことを風刺した映画なのだ。なのでSF的にはかなりいい加減で、今時は実際に彗星が発見されればアマチュアの天文ファンでも軌道計算くらいできる。地球に衝突する可能性が高いなことくらいすぐに分かるし政府が隠蔽して報道されなくてもネットで流布するだろう。アメリカ以外の国もこの脅威に立ち向かおうとするはずで、アメリカ大統領の一存で計画を実行したり中止したりというわけにはいかないだろう。この彗星がどの時期にどの方向にどんな明るさで見えるかも発見時点でわかる筈で、ミンディやケイトが夜空に彗星を見つけて「見えるぞ」と騒ぐのもおかしい。

要人脱出用の宇宙船は明らかに現代の水準から言えばオーバーテクノロジー。2万年も自動で運用できる宇宙船なんて現代の技術ではあり得ないし、こんな宇宙船が作れるのなら彗星くらいどうにでもできたはずだ。

と言うわけでこれは社会風刺映画として見るべきで、そうして見ると経済や国民の支持優先で政府による危機を隠蔽するなど、実際ありそうな話で結構背中が薄ら寒くなるような作品だ。コメディとして見ていられる我々は幸運だと思う。そんな映画に、ケイト・ブランシェットメリル・ストリープといった大物女優からアリアナ・グランデティモシー・シャラメといった今をときめくスターまで豪華キャストで臨むところがアメリカ映画ってすごいなあ、と思う。

最近読んだ本

随分放置してしまったのでそろそろなんか書かないと生存を疑われそうなので。最近読んだ本まとめて簡単に書きます。

レオ・ペルッツ「テュルリュパン

これは実は9月くらいに読んだ本。チェコの作家レオ・ペルッツの作品。17世紀、革命の150年前のフランスを舞台に、のちにフランス革命が起こった時と同じような状況が発生していたが、自分が貴族の落とし子だと信じる床屋の雇われ職人テュルリュパンは、貴族勢力の一掃を目指すリシュリュー枢機卿の陰謀に巻き込まれていく。というペルッツらしい歴史フィクション。 史実にフィクションを埋め込んで緻密に物語が進んで行くのは「第三の魔弾」同様見事で非常に面白い。フランスの歴史を勉強して読んだ方がもっと楽しめるかなとは思うけど。

ルシア・ベルリン「掃除婦のための手引き書」

著者の波乱万丈の人生を活写した短編集。ルシア・ベルリンは様々な職業を転々としながら短編小説を書いた作家で、ここに収められた作品も一作を除いていわば私小説なのだが、どれも短編小説として見事な切れ味の作品ばかりで強烈な印象が残る。喉に何か詰まってしまいそうな表題作も素晴らしいが、作集中唯一私小説ではない「さあ土曜日だ」が素晴らしい。ほかの作品もいずれもレベルの高い作品揃い。これはすごい。ぜひ読んでください。最近第2作品集も出版されたみたい。そちらも読んでみたい。

ただし著者の名前はアメリカ人なのだからベルリンではなくてバーリンだと思う。

横溝正史「幽霊座」

横溝の中短編3作を収めた短編集。歌舞伎座を舞台に起こった殺人事件と17年前の謎の失踪事件が複雑に絡み合う表題作、ストリッパーが自宅で殺されてテーブルに生首が置かれるという事件が起こる「トランプ台上の首」など収録。横溝というと「犬神家の一族」「八ッ墓村」「悪魔の手毬歌」のような、古い日本の因習にとらわれた人々が登場する独特のミステリというイメージがあるが、これは結構モダンな内容で英米のミステリの影響が見え隠れして面白かった。

ゲーム・オブ・スローンズ

米国HBO制作のTVドラマ。全8シーズン73話。

アマプラで2か月以上かかって観終わった。 いやーとんでもないドラマだった。

中世ヨーロッパの文化を持つ架空の大陸ウェスタロス。7つの国の連邦国家七王国」である。北部にウィンターフェルという拠点を持つスターク家が物語の中心のひとつだ。このウィンターフェルの主ネッド・スタークを訪ねて七王国の王でネッドの旧友でもあるロバート・バラシオンが訪ねてくる。ロバートの妻で王妃のサーセイは七王国一の金持ちのラニスター家の娘ですでに三人の子供がいるが、実はこの子だもたちはロバートの子ではなくサーセイの双子の弟ジェイミーの子だった。

一方海を隔てた南の大陸エッソスでは、17年前にロバートやネッドらによって倒された竜の血族ターガリエン家の娘デナーリスが兄ヴィーセーリスによって蛮族ドスラク人の王ドロゴに売られようとしていた…

ネッドはショーン・ビーンが演じていて、これもう彼が全編の主人公だと思って観ていたら、なんと第1シーズンで殺されてしまう。その後北方の脅威やスターク家の子供たち、ラニスター家の末の息子で侏儒のティリオン、ロバートの弟たちの陣営など物語が細々と分岐していく。5~6個のストーリーが同時進行で進んで行き、登場人物は次々に死亡して(というか殺されて)行く。

終盤ではこれら点在するストーリーが徐々に収束して行く。 当初悪の権化のようだったジェイミーがブライエニーと旅したことで段々人間的になって行ったり、逆に最終的に悪を駆逐し世界を良くするヒロインだと思われたデナーリスが闇落ちする展開に驚かされる。デナーリスの闇落ちについてはかなり批判されたのだそうだ。

ウェスタロスはあきらかに英国がモデルなのだが、南部のドーンはイタリアか南仏みたいな感じで描かれているように各地の風物も細かく描きこまれ大変よくできたドラマだった。ゾンビやドラゴンも出てきてファンタジーの部分もあるが、大筋では史劇で、英国の歴史を勉強したらもっと面白く観れるのかもしれない。一方ドラゴンは圧倒的な力を持っている最終兵器的な扱いで、ドラゴンの力を拠り所にデナーリスは力をつけていく。

最初はエッソス大陸で奴隷解放に力を注いだデナーリスだったが、彼女の最終的な目標はロバートと息子たち亡き後女王の座に収まった極悪のサーセイを倒して、17年前に父が失ったウェスタロスの王座奪還。戦いのうちに自分の子供のようにかわいがっていたドラゴンのうち2頭を失い、さらにミッサンディやジョラーといった信頼できる友人や部下を失ったこともあったにせよ、彼女が自分のやっていることが正義と思い込んで暴走してしまうというのは現代の国家や企業でもありがちなことで、露のプーチンなんかも同じだと思う。そうなるとジョンがそうしたように誰か身近な者が刺すしかない。そういう意味でも彼女の闇落ちは決して唐突ではなく、私としては納得して観た。

ちなみに現在「ゲーム・オブ・スローンズ」の200年ほど前の世界を描く前日譚スピンオフ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」がU-NEXTで順次配信中。そっちはまだ始まったばかりだけど登場人物全員が悪い奴で結構地味に面白い。