Star Trek : Strange New Worlds 第1話

さて5月5日から米国で配信開始になった「スタートレック ストレンジ・ニュー・ワールド」だが、依然として日本での配信・放送の目途が立っていない状況が続いている。要するに日本のファンは普通の方法では観ることができないのだが、どうしても観たいという人は一定数いるだろう。しかしネットで探せばいくつか抜け道というかやり方はあるようだ。私もそうやって観ることができた。

これ以降この記事では内容などについてネタバレを含むので、ネタバレが嫌な方はスルーお願いします。

第一話「Strange new Worlds」。邦題は直訳なら映画第5作と被るが「未知の世界」というところか。23世紀。「ディスカバリー」第2シーズンで自分の未来を見てしまったパイクは艦隊の仕事に恐怖を覚えてモンタナの山奥に籠っていたが、部下のナンバーワンがKiley279という惑星で行方不明になったと聞き、エンタープライズで救出に向かう。エンタープライスには科学士官スポックのほかに副官ラ・アン、操舵手オルテガ、医療主任ムベンガ、看護師チャペル、通信士ウフーラらが乗り組む。

Kiley279は21世紀初頭程度の文明を持つ惑星だが、二つの陣営が対立していた。そこに高度な文明を持つ連邦の宇宙船が現れ、彼らはクルーを拉致し、何らかの方法で23世紀の武器を手に入れてしまっていた。惑星に潜入してナンバーワンとそのクルーを救出したパイクは、艦隊の大原則を曲げてKiley279の敵対する勢力が交渉中の会議場に割って入り、人類が経験した第三次世界大戦を引いて平和を訴える。

Kiley279に平和をもたらしたエンタープライズはサミュエル・カークら新たなクルーを加えて更なる発見の旅へ出る、という話。

ディスカバリー」や「ピカード」が10話前後の1シーズンで一つのエピソードなのに比べ、これはきっちり1話完結。スタートレックの原点に戻ったような作品だ。あのカーンと同じノニエン・シンの名を持ち、どうやら優生人類の子孫らしいラ・アン、これまでと全く違う印象だがなにやらキュートなウフーラ、TOSではちょい役だったのに今回めっちゃ目立ってるチャペルなど登場人物たちも第一話からキャラが立っている。

第1話ラストでスタートレックのオープニングで使われるナレーション(「Space, the final frontier...」で始まるアレの後半「to explore strange new worlds, to seek out new life and new civilizations, to boldly go where no man has gone before」)をパイクのセリフにしたのもシビれる。さあこれ日本語版でどう訳すのか。日本語版のオープニングのままだとセリフにならないと思うのだが。

というわけでこの先も楽しみ。でも英語字幕で観るのはなかなか辛いなあ。