クイーンズ・ギャンビット

NETFLIXのドラマ。「リミテッド・シリーズ」という題目でワンシーズン全7話で完結の作品。世界で大ヒットのドラマということで面白そうだったので観た。原作はハスラー』『地球に落ちてきた男』で知られるウォルター・テヴィスの小説なのだが邦訳はまだない。洋書も現在高値で入手困難なようだ。

1960年代アメリカを舞台に、孤児の少女ベスがチェスで頭角を現す。しかし彼女はクスリと酒にまみれ、孤独の中で苦悩する。

いやこれは素晴らしいドラマだった!チェスという世界を舞台にしたスポコンもの、バトル物といった側面に加えて、天才の孤独と魂の彷徨を描いて物語自体も素晴らしいが、主演のアニャ・テイラー=ジョイがどことなく往年の大女優ローレン・バコールを思わせるルックスと華やかなファッションでいかにも60年代スターの雰囲気を漂わせ観ているものを惹きつけるし、映像も60年代の風物をファッションや車、お店やホテルの雰囲気まですみずみまで再現して見事。最近の日本のドラマみたいに喫煙シーンはなしとか未成年の飲酒シーンはNGとかそんなナンセンスなことは全くない。孤児で、引き取ってくれた義母も急死、ライバルには惨敗して打ちひしがれるが、最後は仲間たちに支えられてライバルに打ち勝つというストーリーも単純明快。

一部では少年ジャンプ的とかいう言い方をされてもいるが、少年ジャンプならワンシーズンで終わるわけないだろうけど、まあ言わんとすることはわからんでもない。強い敵がいてそれを倒すために仲間が力を貸してくれるという展開はとても分かりやすい。ジャンプのマンガと違って全7話できっちり完結しているのもいい。 暴力シーンもいやらしいシーンもないので安心して観れる。チェスに興味なくても絶対面白く観れる。NETFLIXと契約している人はぜひ観て。ちなみにハリー・ポッターでダドリーを演じていた彼も出演している。